知ったかぶったら読めなかった『アフターデジタル2』32の用語説明

この記事は約14分で読めます。

次に来る、新しいサービスってどんなものだろうか?
・コロナの影響で「デジタル導入」は進みそうだけど、
 自分の会社では大した変化を感じない・・
 本当に、日本はデジタルの波に乗れるのだろうか?
・なんか面白そうな本はないかな?

などと考えていたとき、Amazonの候補に上がってきた
『アフターデジタル2 UXと自由』(藤井 保文著)を購入したことが、事の発端となります。

『アフターデジタル2 UXと自由』には横文字(カタカナ)が多い

読み進めて数分・・僕はそっと本を閉じたくなりました。

ケイパビリティ?・・レピュテーションリスク?・・

IT系の会社でも、マーケティングの人でもない僕に立ちはだかったのは、なんとなーく聞いたことのある横文字(カタカナ)のパラダイスだったのです。

知ったかぶって読みすすめると、全然内容を理解できなくてこのままお蔵入りしそうだったので、お恥ずかしながら、1つ1つ調べながら読み上げました。

カタカナの意味がわかるだけで、理解度が急上昇!(なるほど、なるほど・・・)

内容自体は、非IT系の僕にとっても非常に勉強になる内容でしたので、同じように「全然意味わからないよ!」「カタカナ多すぎ!」と困ってしまう方の参考になればと、調べた用語の意味32個をまとめておこうと思います。

この記事は本の要約記事ではありません。
本の要約は他の方におまかせしたいと思います。

32の用語一覧

1.DX(デジタルトランスフォーメーション)

・デジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革すること
・既存の価値観や枠組みを根底から覆すような革新的なイノベーションをもたらすもの

引用元:https://monstar-lab.com/dx/about/digital_transformation/

2.ディストピア

ユートピア(理想郷)の正反対の社会

引用元:https://www.weblio.jp/content/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%94%E3%82%A2

3.OMO(Online Merges with Offine)

経営戦略でありマーケティング施策です。オンラインとオフラインの境にこだわらずに、UX(顧客体験)に重きを置いて消費者のあらゆる行動をデータとして集約し、UXを向上するためのマーケティング施策を展開します。

引用元:https://www.digital-transformation-real.com/blog/difference-between-omo-and-o2o

4.ケイパビリティ

企業成長の原動力となる組織的能力や強み

引用元:https://www.hrpro.co.jp/glossary_detail.php?id=47

5.アップセル・クロスセル

・アップセルとは、顧客の単価を向上させるための営業手法の一つで、現在ある商品を検討している顧客や以前商品を購入した顧客に対しより高額な上位モデルに乗り換えてもらうことです。
・クロスセルとはある商品の購入を検討している顧客に対し、別の商品もセットもしくは単体で購入してもらうためのセールス手法になります。

引用元:https://www.emotion-tech.co.jp/resource/2017/upsell_crosssell

6.レピュテーションリスク

企業に対する否定的な評価や評判が広まることによって、企業の信用やブランド価値が低下し、損失を被る危険度。

引用元:https://kotobank.jp/word/%E3%83%AC%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF-680581

7.サステイブル

持続可能であるさま。

引用元:https://kotobank.jp/word/%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%96%E3%83%AB-510720

8.ジョブ理論

プロダクトやサービスを展開するうえで、顧客のニーズをロジカルに掴むために有用な手段です。ジョブ理論で重要視されるのが「ジョブ」という要素。ユーザーはサービスやプロダクト、アプリケーションなどを利用するときに、必ず「成し遂げたい目的」があります。ジョブ理論ではその目的を「ジョブ」と位置付けて、ニーズを探っているのです。

引用元:https://media.bizmake.jp/method/about-jtbd/

9.ジャーニー(※ここではカスタマージャーニーの意味を検索)

ペルソナの動き(行動・思考・感情)を時系列で見える化したもの

引用元:https://jp.marketo.com/content/how-to-make-customer-journey.html

10.エクスペリエンス

経験、体験といった意味。

引用元:https://www.weblio.jp/content/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9#:~:text=%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%AE%E7%B6%B4%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%80%8Cexperience,%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%81%A7%E4%BD%BF%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%80%82

11.Maas(Mobility as a Servise)

「ICT(情報通信技術)を活用してマイカー以外の移動をシームレスにつなぐ」という概念

引用元:https://www.sbbit.jp/article/cont1/37651

12.アンバンクト

本人の意思であるかどうかは別として、銀行に口座を持っていなかったり、あるいは十分な金融サービスを享受できていない人たちを指す。

引用元:https://japan.zdnet.com/article/35022446/

13.マスマーケット

大衆消費者向けの大量販売.またその市場

引用元:https://imidas.jp/katakana/detail/Z-31-3-0479.html

14.API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)

起動しているアプリケーション同士をつなぎ、機能を互いに使いあうことで便利になる機能

引用元:https://r-abo.com/apphack/tool071/

15.D2C(Direct to Customer)

自社で企画・生産した商品を、流通業者を介することなく、自社ECサイトで直接消費者に販売するビジネスモデルを指します。

引用元:https://www.vision-net.co.jp/morebiz/d2c/#:~:text=D2C%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E3%80%8CDirect%20to,%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%92%E6%8C%87%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

16.ヒエラルキー

社会におけるピラミッド型の階級的組織構造を指す意味で用いられる語

引用元:https://www.weblio.jp/content/%E3%83%92%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%BC

17.O2O

オンラインとオフラインという2つの世界を切り分けて考え、双方間の行き来を促すというマーケティング施策です。つまり、OMOほど密結合ではなく疎結合のイメージです。

引用元:https://www.digital-transformation-real.com/blog/difference-between-omo-and-o2o

18.ベネフィット

英語で「利益」を意味する言葉です。(中略)「お金ではかることができない便益」もベネフィットと言うことができます。

引用元:https://dictionary.sanseido-publ.co.jp/column/%E7%AC%AC24%E5%9B%9E-%E3%83%99%E3%83%8D%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88#:~:text=%E3%83%99%E3%83%8D%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%88benefit%EF%BC%89%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81,%E5%BE%97%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

19.カスタマーサクセス

顧客の成功(=事業の成果)と自社の収益とを両立させる事を目指し、能動的に顧客に対して働きかけます。

引用元:https://blog.hubspot.jp/customer-success-and-cutomer-support

20.オンボーディング

新しく組織に入ったメンバーに対して手ほどきをおこない、早期の即戦力化を促し離職を防ぐ方法を意味します。

引用元:https://hrnote.jp/contents/c-contents-sogo-onboardingtoha-190626-2/

21.エンハンス

機能を追加したり、性能を向上させたり、あれやこれやと手を加えて、今より良くすること

引用元:https://wa3.i-3-i.info/word14950.html

22.ユニバース

宇宙。世界。森羅万象。

引用元:https://www.weblio.jp/content/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9#:~:text=%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%20%EF%BC%BB1%EF%BC%BD%20%E3%80%90universe%E3%80%91,%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%80%82

23.アーキテクチャ

「構造」とか「構成」みたいなことをカッコつけて言った用語

引用元:https://wa3.i-3-i.info/word16015.html

24.ペインポイント

想定顧客の痛点、悩みの種のこと。

引用元:https://www.turbine.co.jp/marketing-words/pain-point#:~:text=%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E6%83%B3%E5%AE%9A,%E9%87%8D%E8%A6%81%E3%81%AA%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%80%82

25.インテリジェンス

情報。

引用元:https://kotobank.jp/word/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B9-437762

26.ユーザーインサント

ユーザーの深層心理のこと

引用元:https://ferret-plus.com/words/1009

27.顧客インサイト

顧客の購買行動の裏にある潜在的な欲求のこと

引用元:https://liskul.com/clientinsight-41705#:~:text=%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%A8%E3%81%AF,%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

28.セレンディピティ

「予測していなかった偶然によってもたらされた幸運」あるいは「幸運な偶然を手に入れる力」を意味します。

引用元:https://biz.trans-suite.jp/14530#i

29.要諦(ようてい)

物事の最も大切なところ。肝心かなめの点。

引用元:https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E8%A6%81%E8%AB%A6/

30.オペレーショナル・エクセレンス

企業がその価値創造のための事業活動の効果・効率を高めることで競争上の優位性を構築し、徹底的に磨き上げること。

引用元:https://mba.globis.ac.jp/about_mba/glossary/detail-11736.html

31.ステークホルダー

企業などの組織が活動を行うことで影響を受ける利害関係者を指します。

引用元:https://next.rikunabi.com/journal/20180918_s01/

32.シビックテック

ビック(Civic:市民)とテック(Tech:テクノロジー)をかけあわせた造語。市民自身が、テクノロジーを活用して、行政サービスの問題やや社会課題を解決する取り組みをいう。

引用元:https://www.sbbit.jp/article/cont1/32211

さいごに

僕自身はこの本を通して、あまり触れることのない中国国内のテクノロジーの現状、そして日本の状況、これからはどんな時代になり、どんなサービスが必要とされていくのだろうかと消費者の目線でじっくりと読むことができました。

今自分自身が使っているサービスにも、どんな想いがあり、どんな構想があるのか・・・

これからも、新しいサービスの発表を積極的にチェックしていきたいなと思います!

《 この記事を書いた人 》
ミナ

40代副業ブロガー。健康・出費・マンガ・育児など…好きなこと書いてます。本職は自動車関連のエンジニアです。長い婚活期間を経て、結婚2年目&0歳男児パパになりました!経済ニュース、iPhoneの話が大好きです。

書籍・マンガ
当ブログの記事に共感していただけたら、是非ともシェアをお願いします\(^o^)/
ミナログ