睡眠の質を引き上げるオーダーメイド枕【じぶんまくら購入レポ】

この記事は約9分で読めます。

最近はいつも通り寝るだけじゃ、疲れもとれなくなってきたなぁ・・・そろそろ寝具は「イイもの」を買うべきなんだろうか?でも、安い買い物でもないし、実際どうなの?

このブログでは、そんなお悩みを解決・解消してもらうために書きました。

記事のPOINT
・40代の僕がオーダーメイド枕を選択した経緯が書いてあります。
・「じぶんまくら」の購入レポが読めます。

また、僕は実際にこの「じぶんまくら」を購入し、その効果を検証しています!

気になる方は以下ブログもチェックしてみてください。

それでは、最後までお付き合いください\(^o^)

40代こそ「寝具にこだわる」という選択

「購入レポ」から読みたい方は〔 コチラ 〕

さて突然ですが、みなさんは1日に何時間の睡眠をしますか?

もしも「1日7時間」寝る時間を確保しているのであれば睡眠時間は週49時間もの時間です。

つまり、睡眠の質の向上 ≒ 日中生活や仕事への好影響ということを、実はみんな知っているはずなんです!

それでも僕自身、1人暮らしを始めた20代の頃には「寝具にお金をかける」なんてことは全く考えていませんでした。

まとめて寝ればリフレッシュ!そう思っていました。

しかし、30代から「寝たのに身体の疲れが抜けない」という現象が現れはじめ、併発する肩こりや不眠の症状がなかなか改善されなくなっていきます・・・

また本やYouTubeでも「睡眠時間の確保」や「睡眠の質」について、よく目にするようになり、そろそろイイ歳にもなったし、寝具にお金をかけても良いのでは?という考えになりました。

そこで、僕は手始めに「枕」の買い替えを検討したのです。

寝具「まくら」の相場

「購入レポ」から読みたい方は〔 コチラ 〕

枕(まくら)と言えど、お値段はピンキリ。

価格.comの人気ランキング商品を参考にすると、購入価格は5,000円〜20,000円といったところでしょうか・・・高いと感じますか?

これを1年間の睡眠時間で割ってみましょう。

20,000円 ÷( 2555時間※ )
= 約7.83円/時間
※1日7時間×365日

7時間で55円くらいです。コンビニのコーヒーよりは安いですよね!

ちなみに、このブログで今から紹介する『じぶんまくら』は27,500円(税込)

しかも「オーダーメイド」かつ「メンテナンスは無料」ですから、使えば使うほど時間単価は安くなる・・・整体やマッサージを定期的に通うより、確実に節約に繋がると感じませんか?

また全国的に店舗があるため、転勤や引っ越しがあっても「メンテナンス」が継続できることも魅力です。

まくら探しを始める方へ

ちなみに僕はトゥルースリーパーの『セブンスピロー』も試したことがあります。

しかしそちらは自分に合わず、返品してしまいました。

高さ調整を自分の判断ってするって、意外と難しいものです。

しかし、体型や姿勢は人それぞれ!ですから、注文や返品をめんどくさがらず、まずは「返品可能」な枕(まくら)から試すことも大事だと思います。

購入サイトによっては返品ができなかったり、期限が短いことがあるので、注意してください!
ちなみに『じぶんまくら』は返品できません。その代わりメンテンナンスは何度でもきます!

『じぶんまくら』購入レポート

ではさっそく、購入レポートにうつります。

・入店〜商品の選定
・体型の測定
・高さの調整
・中材をいれる
・微調整・完成

入店〜商品の選定

僕が『じぶんまくら』を購入したのは、ショッピングモール内の店舗です。

【補足】家族・子ども連れでの来店は注意!
店舗によっては通路が入り組んでいたり、枕(まくら)の調整に時間を要するので、のんびり、じっくり比較のできる「1人での来店」がベスト!

店員さんは30代以降の女性が多いイメージ(男性もいました)。

僕を対応してくれた方は終始穏やかな方で、自分に合いそうな枕(まくら)を隣についてじっくり探してくれました。

店内に設置してあるベッドに寝転がり、様々なタイプの商品を試させていただきましたが、金額や使用感に納得のできる『じぶんまくら』を購入することに決めました。

体型の測定

購入が決まると、上半身(頭・首・背中・腰・お尻)の体型を専用の機械を使って測定します。

アナログとデジタルが融合したようなものでした。ちなみに僕は背中とお尻がでているWタイプ。

そしてまた、ベッドに移動・・・

高さの調整

先程の測定結果を元に「左横向き・仰向き・右横向き」(参考:左写真)の3箇所の高さ調整を行います。

ここではまだ、中材を入れません。

「じぶんまくら」専用サイトより( https://jibunmakura.com/jibunmakura/

サンプル枕(使用時は薄い不織布を挟みます)を使って、高さ調整用の木の板を入れていきます。

ある程度フィット感が出てくると、さらに店員さんが枕(まくら)の下に手を入れて、僕の寝心地を確認しながら、微調整をおこなっていきます。

中材を入れる

中材の種類は8種類。それは14つに分かれたポケット(参考:右写真)にいれていきます。

「じぶんまくら」専用サイトより( https://jibunmakura.com/jibunmakura/

とりあえず僕は初めてのことだったので、全ての組み合わせを店員さんにおまかせしました!!

次回のメンテナンスは、自分で選んでみようかな・・・カスタマイズみたいで楽しいし!なにせ無料ですし!

微調整・完成

最後に、中材を入れ終えた枕(まくら)を使用し、微調整を行います。

しっくりこない場合は中材の量を増やしたり、減らしたりして、完成に近づけていきます。

その際には何度も右を向いたり、左を向いたりするので、当日来ていく服は「できるだけシンプルなもの」がオススメです。

そうして出来上がった『じぶんまくら』は当日受け取り!

ここまでで30〜40分くらいかかりました。

実際には『じぶんまくら』専用のまくらカバーを買ったので、お値段はもう少しかかりました。

数週間後に、再メンテナンスをした話

購入後、数日間『じぶんまくら』を使用していましたが、なんだかしっくりこない・・・

そう感じた僕は、さっそく専用アプリを経由して「メンテナンス予約」をしました。

何より『じぶんまくら』の最大のメリットは何回メンテナンスをしても無料というところです!

変な話。製品の寿命がこなければ、毎月変えても良いわけで・・購入時の調整がうまくいかないのは、想定の範囲内でした。

僕の場合は、少しだけ枕(まくら)の高さを低くしてもらい、現在はしっくりした感じで使用を続けています。

さいごに

僕が今回購入した『じぶんまくら』は「レギュラーサイズ」のものですが、そんなに小ささを感じることはありません。シングルベッドにも丁度よいサイズです。

たかが枕、されど枕!

睡眠の質の全てが解決するとは思っていませんが”ちょっぴり高い”枕(まくら)の購入により、自分自身の健康ついてさらに考えるきっかけにもなりました。

良い買い物ができたのではないかと思っています。

ギフト用にもオススメ

父の日や母の日、敬老の日。そして誕生日プレゼントにもオススメです!

それでは、皆さんも快適な睡眠ライフをお過ごしください!!

《 この記事を書いた人 》
ミナ

40代副業ブロガー。健康・出費・マンガ・育児など…好きなこと書いてます。本職は自動車関連のエンジニアです。長い婚活期間を経て、結婚2年目&0歳男児パパになりました!経済ニュース、iPhoneの話が大好きです。

自己管理の話
当ブログの記事に共感していただけたら、是非ともシェアをお願いします\(^o^)/
ミナログ